« お人形つくり開催日の変更 | トップページ | お引越し »

2013年4月26日 (金)

バラバラ

今朝は落ち込みました・・・それも3重に。

慌てていた私がいけないのですが、とりあえず目的だけはなんとか果たせたことが

唯一の救いです。

人間万事塞翁が馬 となればいいのですが~

..

そんな、心が折れてバラバラな気分の時にこそ

美しいものでもつくりましょ。

いつも大小さまざまな悩みを抱えておりますが、ウォルドルフ人形と羊毛に触れていることで保っていられるようです。

羊毛の癒し効果は大きいです!  

もちろん、お人形つくりながらの皆さんとの会話もです。

.

これを最初につくった時は、あまりにも美しく染まった羊毛のフリースを、うっとり手でほぐしながらアレコレやっているうちに思いついたものです。

バラをイメージして素材を準備してつくることと、

心ときめく素材をどう活かそうかな~と考えているとふとした時にインスピレーションが降りてきてつくるものは、違うものなんですよね・・・

P1100014

グラーデーションに染めた羊毛をfeltにし可憐な花びらに仕上げます。

好きなばらの品種の香りが漂ってきます。

今回はローレット・メシミーというフランスのバラの色を再現したくて、コーラルピンクに染めました。

一口に珊瑚色といいましても、色の感じ方は人それぞれです。

思うような色のグラデーションに染めることは難しいです・・・

      P1090998_3                                        コサージュにもなります

.

.

私は「ウィンドラッシュ」というイングリッシュローズの香りが好きです。

清楚で上品な白いバラです。

開花すると、その香りを身体中に吸い込みます。何度も何度も。

盛岡の頃はベランダでも咲いてくれていたのに、奈良の蒸し暑さには耐え切れなかったようで枯れてしまいました。

バラはそこの住人の足音で咲くかどうかを決めているらしいと聞いたことがあります。

手入れをサボってごめんなさいね。 

Cimg1559   また育てたいです。

.

.

 

6月にはそのローレット・メシミーをこよなく愛したバーネットの作品から、

作家で児童文学研究家でもあります市村久子先生に、

バラが登場する物語を求めてイギリスに旅された楽しいお話会を、杉並で開いていただきます。

その盛りたて役に私のお人形達もいくつか並びます。

詳細はもうしばらくお待ち下さいませ。

 .

5月、6月のお人形つくり予定日は、少し変更になりました。

HPでご覧下さい。

|

« お人形つくり開催日の変更 | トップページ | お引越し »